学校全体

学校全体

11/29(火) 【全学年】学習推進委員会主催・学習会!

 期末テストを前に、昼休みの学習会が開かれました。学年や教科を問わず希望者が集まり、自由に学習していました。同学年での学び合いだけでなく、先輩が後輩へ教える様子もあり、短いながらも有意義な時間になったようです。今後も附属中生の学習環境が更に充実したものになるよう、学習推進委員会の様々な企画を楽しみにしています。

11/28(月) 【全学年】保護者向け学校評価を実施中

附属中学校 保護者 様

 日頃より本校の教育活動に御理解・御協力を賜り、誠にありがとうございます。11月25日に文書にてお知らせいたしましたが、保護者向け学校評価を Forms にて実施中です。詳細は配付した文書にて御確認ください。なお、期限は 12月4日(日)23:45 までです。お忙しいところ恐れ入りますが、御回答をお願いいたします。

11/4(金) 【全学年】強歩大会〜詳細〜

雲一つない快晴の朝、1年生は舟戸野球場に、2年生は附属中に集合し、開会式を行いました。

 

2年生は7時30分、1年生は8時20分から順次、遠く小さく見えるスカイツリーを目指して出発していきました。

道中は仲間と励まし合い、保護者の方や教員の声援も力に変え、歩いていきます。

 

歩くほどにスカイツリーが大きくなり、チェックポイントを通過するとスタンプがたまっていきます。

スカイツリーまでの距離が縮まっている実感が湧きました。

 

1年生、2年生とも、参加した生徒全員が完歩し、清々しい疲れと達成感を共有していました。

 

1年生は初の強歩大会を完歩し、「challengers」としての自信をつけていました。

 

2年生は昨年度を超える距離を完歩し、「創造への挑戦」を体現していました。

 

改めて、附属中が多くの方々に支えられて成り立っていることが、強く実感される日となりました。

強歩大会の開催と、生徒の完歩のためにご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。

11/2(水) 【全学年】強歩大会

附属中学校保護者様

本日開催している強歩大会につきましては、各CP(チェックポイント)を全団が通過したタイミングで、すぐメールを配信します。進捗状況はそちらで御確認ください。

10/27(木) 【全学年】1年2年交流会~強歩大会完歩へ向けて~

昼休みに1年生と2年生が団ごとに集まり、交流会を行いました。

まずは昨年度の強歩大会の経験を先輩から後輩へ伝え、その後、1年生と2年生が並んでフィジカルストリートを歩きながら、レクチャーをした団もありました。

行事を重ねるごとに、学年や団など、生徒同士の交流が進み、附属中の一体感が大きくなってきています。

3期生が入学し、全学年がそろう令和5年度が今から楽しみです。

 

 

校内の木々も、美しく色づいてきています。 目指せ、全員完歩!

10/24(月) 【全学年】他学年学習交流座談会 ~キャリア教育~

今日は、9月に受けた外部模試の結果返却・分析を行いました。

全校生徒が大ホールに集まって、まずは自己分析を行いました。進路担当の先生の話をよく聞きながら、自分の生活や学習時間の改善に向けて分析を深めました。

 

そのあとは、1期生と2期生で小グループを作り、他学年学習交流会を行いました。

後輩の素朴な疑問や、先輩からの的確なアドバイスなどが飛び交い、学習への悩みを相談する”座談会”となりました。

初めて会話する先輩、後輩もいたようですが、自己紹介ですぐに打ち解け、【学習計画・学習習慣】【学習方法】【教科別に関わる学習】【その他】のカテゴリごとに活発に意見交換できました。

先輩と後輩が集まるといろいろな話が出てきました。成果もたくさんありました。

これからも他学年交流を継続して実施していきます。

10/21(金) 【全学年】校歌~工藤慎太郎さんを迎えて~

本校校歌『木立の歌』の作詞作曲者である工藤慎太郎さんを迎え、校歌指導をしていただきました。

始めの自己紹介では工藤さんが高校1年生に初めて作った『遠い場所の君へ』を弾き語りで歌っていただきました。

 

次は「どうして本校の校歌の歌詞には学校名が入っていないのか」を教えていただきました。

「どこかでこの曲を聴いたときに、本校生徒だけでなくどんな人でもつい口ずさみたくなるようにしたい」という願いが込められているとのことです。

その後の合唱指導では、歌を歌うときの意識をイメージで学びました。

歌は「調和の産物」であり、音を聴き、伴奏という食パンに音色やリズムという具材を入れたまるで美味しいサンドイッチのように・・・。

とても素敵な表現ですね!歌はただ単に声を大きくするだけではだめなのです。音楽の良さや深さを学びました。

その後は、工藤さんと生徒によるサプライズセッションが行われ、会場は笑顔に包まれました。その笑顔のまま最後にもう一度歌った校歌はとても心地良く、素晴らしいハーモニーが響き渡っていました。

来月は、第2回音楽祭が開催されます。その成功のヒントになったのではないでしょうか。

10/20(木) 【全学年】駅伝部大健闘!「2年目の挑戦」

女子 5位入賞 47分30秒

男子 21位  66分51秒

10月19日(水)南中学校荒川河川敷にて、川口市中学校駅伝競走大会が行われました。市内中学校27校が学校の代表選手を揃え、男子6区間、女子5区間で襷をつなぎます。本校は、陸上競技部だけではなく、ベースボール部、ソフトテニス部、剣道部、クイズスタディ部所属の生徒が駅伝部に名を連ね、学校代表選手として夏休みの早朝練習から活動し、それぞれ自分の部活動と兼部しながら学習との両立を重ねてきました。

当日は、一人一人が明確な目標とこれまで練習を重ねて掴んだ目標達成のためのペースを基本に、前へ前へと積極的な走りを見せてくれました。ほとんどの選手が自己ベストタイムを更新し、男女とも目標のチームタイムを上回ることができました。

昨年は、1年生のみで「伝統への第一歩」として挑み女子14位、男子26位でした。今年は、新たに2期生も加わり「2年目の挑戦」として挑んだ今大会。見事女子は5位!附属中初の入賞を早くも2年目で達成しました。男子も21位と大幅に順位を上げ、来年が楽しみになる走りでした。2年目での男女の快挙に、大会中も多くの役員の先生から称賛の言葉をいただきました。すべては、選手のこれまでの頑張りに尽きると思います。

放課後は、小ホールにて解散式を行いました。一人一人の言葉に成長がうかがえ、感動しました。駅伝の活動で培った粘り強さ、仲間との協力、信頼、自信…、たくさんの経験を今後に生かしてほしいと思います。

 

2期生ー1年生

2期生ー1年生

11/25(金) 【1学年】探究活動~INTERN最終回~

いよいよINTERN最終回です。

企業ごとに4つのグループに分かれ、それぞれが4つの教室へ。前回グループで作成したまとめたパワーポイントを使って各企業の特色の紹介やアンケート結果から導いた気づきや改善点を発表しました。(SDGsとの関連も含めて)

各教科で学んでいる(国語科では発表の目線や表情などのポイント、理科では発表の資料の作り方やまとめ方など)発表やプレゼンテーションのスキルが高まっていることを実感しました。

今回のINTERNは、クラスを超えてグループを組み、様々な感性と交流・協力して行う協働的な学びとなりました。今後は、INTERNで学んだことを、他の場面で活かせるといいですね。

11/20(日) 【1学年】ゆめさぽ~ジュニアドクター育成塾~

昨日、全力で歌声を響かせた音楽祭が終わりました。行事が終わっても生徒は元気です。
本日は「ジュニアドクター育成塾」で「救急車が通り過ぎると、サイレンの音が変わるのはなぜか?」という課題を解決しました。

3人組となり課題解決のために活発に意見交換をすることができました。最後にそれぞれのグループで話し合った内容を発表しましたが、どのグループもサイレンの音が変わる理由を説明できました。
附属中学校ではこのように話し合いを通して自らの課題を解決する学びを大事にしています。これからも自分たちで調べ、話し合い、協力しながら成長を目指していきます。がんばれ、附属中生!

11/17(木) 【1学年】理科~たくさんの鉱物の観察~

今日は校舎4階にある、地学実験室で理科の授業を行いました。

中学理科室にある標本は15種類ですが、そこに加えて、地学実験室にある約300種類ほどある鉱物を間近で観察しました。(棚の中にはもっとたくさんあり、1時間では観察しきれません。)

手に取ってはいけないものもありますが、いつもはガラスの向こうにある標本を近い距離で見ることができて感動していました。

このように附属中では、時々、高校の施設を利用して学習・授業を行っています。

 

11/11(金) 【1学年】探究活動~INTERN③~

INTERNの取り組みの続きを行いました。集計したアンケート結果から「どんなことがわかるか」を分析しました。

「どんなことがわかるか」と聞くと漠然としているのですが、生徒たちは見つけたものやことが「私たちの生活や社会全体にどのような影響を与えているか?」「どんな価値を生み出しているか?」「どこで見かける?」「これからどうなる?」などの視点から分析を進めていました。

附属中は、全教科で対話的な学習活動が展開されており、この取り組みでは、身についたスキルを存分に発揮していました。

10/28(金) 【1学年】理科地学実習~長瀞フィールドワーク~

10/28(金)2期生は理科の授業として長瀞町に地学実習に行ってきました。本校はサイエンスフィールドワークとして、「本物を見て、本物に触れ、本物から学ぶ」ことを大切にしています。

まずは理科の授業で学習した知識をもとに、「世界の窓」と呼ばれる岩畳をめぐりました。

「埼玉県立自然の博物館」の学芸員の方を講師としてお招きし、長瀞のこと、岩畳のことなどをお話しいただきながらの散策。話の中には、マニアックなレベルの地質や動物の話もあり、大変興味深く、生徒たちも楽しみながら学習していました。

 

 

晴天にも恵まれ、良い学びの一日となりました。

10/25(火) 【1学年】社会科~川口市の産業・企業と労働~

1学年社会科の授業で、先週の川口市市産品フェア2022をふまえた学習を行いました。

学習課題は「社会の中で 企業はどのような価値を生み出し、労働にはどんな意義があるのか」です。

 

市産品フェアで説明していただいたこと、インタビューしたこと、ホームページに載っていたPR動画を基にグループで考察を進めました。

企業の活動や人々の労働によって社会が支えられていること、住みよい街がつくられていることに気づき、

川口市の産業が、想像をはるかに超えた幅広い分野にわたって、高度な技術で成り立っていることを知りました。

 

2期生は総合的な学習の時間の「インターン」で「働くこと」の意味を探求する学習を行っています。また道徳の授業でも勤労観や郷土愛について考えてきました。

 

附属中では、様々な教科等で横断的に学習を進め、多面的・多角的な見方を深めています。

10/24(月) 【1学年】強歩大会~ウォーキング協会講習会~

11月2日の強歩大会に向け、昨年度に引き続き埼玉県ウォーキング協会の方々にお越しいただき、ウォーキング講習会を開きました。

足がズレずマメができにくい靴の履き方、軽く感じるリュックの背負い方、安全で疲れを感じにくい歩き方、集団での励まし合いなど、お手本とともに解説をいただき、生徒も実践しました。

強歩大会が楽しみな反面、18kmという長距離を歩くことに不安もあった2期生ですが、今回の講習を受け、不安が和らいだようでした。

ご協力いただきました埼玉県ウォーキング協会の方々、ありがとうございました。

10/21(金) 【1学年】社会科~川口市市産品フェアへ~

社会科の授業の一環で、お隣のSKIPシティで行われている川口市市産品フェアに行ってきました。

総合の授業ではINTERN、道徳の授業では郷土を愛する態度や働く意義について理解を深めているところである2期生ですが、今回は社会科の授業で地元企業の、鋳物、機械、木型、植木、医療、福祉、サービスなどの分野についての伝統と技術に培われた素晴らしい市産品を見て回りました。

興味のあるブースで話を聞いたり、インタビューしたりと、自分の住む街、川口について”知ろう”とする姿が見られました。

 

時間内で回れなかったブースもあったので、土日で「また来る」と友達と約束してる生徒もいました。

 

※丁寧なご説明や撮影・掲載にご協力いただきました、企業の皆様ありがとうございました。

10/18(火) 【1学年】探究活動~INTERN②~

昨日に引き続き、INTERNの取り組みを行いました。昨日のアンケート結果を紙とGIGAPCを使って集計しています。

同じ担当者と集計方法や効率よく行うことについて話し合い、作業を進めていました。

 

1期生ー2年生

1期生ー2年生

11/25(金) 【2学年】2学期期末テストに向けて

来週、2学期期末テストがあります。下校時刻が早くなり、短い時間しか残ることはできませんが、生徒達はそのわずかな時間も無駄にすることなく自主勉強に励んでいます。教室の扉を開けるのも申し訳ないと思ってしまうくらい集中しており、勉強する環境をみんなで作り上げている感じがします。「みんなも頑張っているから自分も頑張ろう!」とお互いに高め合えるこの環境を大切にして、テストまで取り組んでいきましょう。

11/4(金) 【2学年】強歩大会~学年の振り返り~

 強歩大会の振り返りを学年で行いました。良かった点・改善点やこの強歩大会が附属中の伝統行事となるために大切なことなどについて話し合いました。

 仲間同士の励ましの声やつらいことを楽しさに変える工夫、ボランティアで参加してくださっている保護者の方へのあいさつなど、たくさん良かった点が挙げられました。一方で、事前のルート確認やペース配分、公共の場での立ち振る舞いなどの課題も挙げられました。それでも、校外に出て、普段の授業では学ぶことのできない多くのことを経験し、自分たちの成長を自分たちで感じ、自信にすることができていました。

 行事を行事で終わらせず、強歩大会で学んだことをこれからの学校生活に生かすことが大切です。みんなの絆が様々な場面で見られることを楽しみにしています。

発表者のほうに体を向け、真剣に聞いている姿も立派ですね!

10/27(木) 【2学年】体育~強歩大会に向けて~

今日の体育の授業では強歩大会に向けての練習を行いました。

グループごとに分かれて2時間歩き続けました。

長い距離を歩き続けるには、歩き方やペース配分が大事になります。

 

いよいよ来週が本番です。

2年生は昨年度よりも距離が長くなりますが、みんなで完歩できるよう声を掛け合って頑張りましょう‼

10/18(火) 【2学年】理科~イカの解剖~

 今日は無セキツイ動物のからだのつくりを調べるために、イカの解剖を行いました。

 外とう膜を切り開いて内臓を観察していきます。

エラを取り出し、過酸化水素水につけて血液の色を観察したり、口から赤ワインを流し込んで食道から胃、直腸のつながりを確認したりました。

中には胃に内容物が残っているイカもあり、胃を切り開いて中身を確認している班もありました。

生物分野の一番最後の実験ということもあり、解剖ばさみなどを使って上手に解剖し、観察・スケッチできていました。

次は物理分野に入ります。実験も引き続き頑張っていきましょう!

10/17(月) 【2学年】理科~にぼしの解剖~

ヒトと魚の体のつくりを比較するために、にぼしの解剖を行いました。

 頭や胴体を2つに割って、体の中を調べていきます。

みんな興味をもって取り組み、ルーペを使って細かいところまで観察し、スケッチしていました。

ヒトの体のつくりで学んだ、脳や心臓、肝臓などのつくりや、魚にしかないエラやさいはなどのつくりも観察することができました。

 

 

10/14(金) 【2学年】探究活動~未来の川口市のために~

総合の探究活動では「川口市」を大きなテーマとし、様々なジャンルに分かれ研究を行っています。先週の活動では、基本的な知識を得るためにラーニングコモンズで自分たちのテーマに合った資料探しをしました。ラーニングコモンズには6万冊を超える本があるので、それぞれが必要な資料に出会うことができました。

今週の活動は、得た情報を各グループで持ち寄り研究テーマを決めです。どのような研究をすることが未来の川口市のためになるのかを考えながら、グループごとに研究テーマを決めていました。

10/13(木) 【2学年】体育~大アリーナでソフトボール!~

現在、体育ではソフトボールを行っています。バットやボール、グローブに慣れない生徒もいますが、チームでアドバイスをし合ったり励ましの声を掛け合ったりして頑張っています!みんなで楽しく体を動かせるように、ルールを覚えることも大切ですね。試合後に、本日のめあての振り返りも行いました。

10/11(火) 【2学年】中間テストに向けラストスパート!

中間テストを明日に控え、放課後の時間を有意義に活用しています。教室が自習スペースとして開放されており、黙々と勉強に励む姿が多く見られました。また、先生に積極的に質問をしている生徒も見受けられます。人それぞれ、得意不得意あると思いますが、「好きだから頑張る、苦手だからやらない」ではなく、どんなことにも一生懸命に頑張れる附属中生であってほしいと思います。明日、ベストを尽くせるように頑張れ!!

10/3(月) 【2学年】体育祭翌日も授業は真剣!

先週の金曜日は体育祭でした。「疲れから授業に集中できない生徒がいるかも?」と思いきや!さすが附属中生!どの授業もいつも通り真剣に取り組んでいました。体育祭と同様、授業も真剣に取り組むからこそ得られるものが多くあるのだと思います。中間テストも近づいているので、みんなで刺激し合いながら頑張っていきましょう!

国語:レポートテスト

理科:体のしくみ

社会:九州を調べよう

9/29(木) 【2学年】理科~毛細血管の観察~

今日は毛細血管のようすを調べるために、金魚の尾ひれを観察しました。

金魚に触れないように、そっとチャック付袋に入れ、顕微鏡で観察します。

袋の中に長時間入れておくのは金魚にとって負担になってしまうので、短時間で観察を終えなければなりません。

金魚が袋の中で動くので観察するのに苦戦していましたが、班の中で協力しながら尾ひれの血管を探していました。

 
 

観察が終わり、袋から出した金魚が元気に泳ぐ姿を見て一安心したようです。

 

1期生ー1年生

1期生ー1年生

3/25(金) 1年間の集大成~修了式~

3月25日(金)は1年間の集大成となる終了式が行われました。

厳粛な雰囲気の中、修了証を受け取る姿は、とても立派でした。この1年間で附属中学校という新たな環境で様々な経験を積み、大きく成長したことが嬉しかったです。

修了証授与の後は校長先生からのお話でした。カーリング女子・藤沢五月選手の手の甲のメッセージに秘められた決意や想いについての話を聞き1期生達は、未来に向けどんな想いや決意を持ったでしょうか。今年度も様々な決意が芽生えたと思いますが、きっと来年度も日々成長する中で様々な決意が芽生えてくるでしょう。

校長先生の話の後は、表彰が行われました。今回も市や県を超えた活躍があり、たくさんの生徒が表彰されました。

表彰の後は本校ならではの取り組みである、SNSの扱い方を生徒自身が考える「スマホサミット」におけるアンバサダー任命式とプレゼンテーションが行われました。プレゼンテーションの中では附属中生のスマホの取り扱い『Smart』が提唱され、来年度から取り組んでいくことが発表されました。

修了式終了後、最後の学級活動では、涙を流しながら今のクラスに別れを告げている様子に仲間の絆を強く感じました。先日の学年集会での、仲間を大切にしていこうという話が出ていましたが、きっとこの1年大変なことも一緒に乗り越え、笑顔に変えてきた仲間だからこそ、最後にあふれ出た涙なのだと思います。

何事にも全力投球で頑張ってきた1期生は、学年目標である「創造への挑戦」をし、2年生へとステップアップしていきます。

3/24(木) 1学年最後の涙の学年集会

24日(金)に1年間の授業が全て終わりました。

午後は大ホールを使い、学年集会を行いました。

総合の学習で行った、『課題研究』の表彰とHR委員会を主催で作成した新入生に向けたウェルカムボードのお披露目会がありました。

昼休みを使い、紙の花を作成し、校章に見立てた立派なものが出来上がりました。きっと、新1年生も喜んでくれるでしょう。

また、その後は1年間の総集編のスライドショーが上映され、生徒自身が出演したこともあり、感動に包まれました。

先生一人一人の熱いメッセージも真剣な眼差しで聞き入っていました。

1年間の成長が本当に感じられる会となりました。

 

英語で数学チャレンジ ~English&Math~

今年度の最後となる教科の授業が行われています。その中でも面白い取り組みを紹介します。

数学の授業では、なんと英語の先生と協力して、「英語で数学にCallenge!」と題して、CIRの先生に英語で数学の授業を行ってもらいました。

最初問題をみた生徒たちは、驚きの顔をしています。

計算の問題は何となく読み取れるのですが、文章題(方程式など)や図形の証明の問題が英語で表現されていて、何を問われているのか必死に考えていました。

普段数学は苦手意識がある子でも英語が好きで、積極的には発言している姿も見え、現代の学習というのは教科にとらわれず、様々な視点から物事を見ていく力が必要だと改めて感じる1時間でした。

数学の単語を英語で理解すると、また一味違った言葉の面白さも感じます。

39(Thank you)アンドリュー先生!!

 

学年集会 ~外部模試を終えて~

今日は学年集会が開かれ、1月に行った外部模試の結果と振り返りについての話をしました。

1年間の学習でどのような力が身につき、今後どのような力を伸ばすことが必要なのかを、自分の結果を見比べ分析しながら考えました。保護者のみなさんとも一緒に考え歩んでほしいです。

また、初めて全国との比較をすることで、学年の頑張りが見えたことでしょう。

4月に行われる2回目に向けて、自分の生活から見直し、レベルアップを図ってほしいと思います。

そして同日、本校の大アリーナでは高校の卒業式が行われています。

5年後に「その日は必ず来る」。

その日まで一人一人が成長し、未来へ向かい都市の門を後にする姿を今から楽しみにしています。

 

 

3/17(木) 学年共同作成 ~絵画完成~

先日「附属中美術の日」で行った学年共同制作の点描の絵が完成しました。

事務室側から校舎に入ると、左手の壁に飾られています。

やはり、全員の絵が集まると迫力が増します。

3/16(水) 第1回スポーツフェスティバル

3月8日(火) 附属中4大行事の一つ、第1回スポーツフェスティバルが行われました。

今回の行事は、「進行係」「招集誘導係」「得点係」「審判係」「放送係」「会場用具係」「養護係」と

係長を中心に生徒主体で運営されました。

事前の係会議をはじめ積極的な取り組みで、1年生だけとは思えないほどスムーズに運営され、

フェスティバルは大成功となりました。

この1年間「良き学習者」を目指して、授業への取り組み・勉強・委員会活動・部活動など、一生懸命取り組んだ一つの成果です。

これからもたくさんの場面で刺激し合い、切磋琢磨して、互いにとってもかけがえのない仲間へと、さらに成長してくれることでしょう。

第2学年として活躍する第1期生の姿が楽しみです。

保護者の皆様、ご多用の中、足を運んでいただきありがとうございました。

3/15(火) 1年間の終わり ~授業納め~

3月に入り、気温が暖かくなるとともに3学期も終盤に入りました。

様々な授業が1年間の集大成としてまとめに入り、1年間の力を試す内容になっています。

体育においては、先週スポーツフェスティバルの余韻が冷めやらぬ中、バレーボールを行い1年間の体育を終えました。完成したばかりのグラウンドや川口市内随一の規模を誇る大アリーナで行う体育の授業は毎回ワクワクしたことでしょう。

他の教科も1年間の総まとめとして、「自分が何を学んできたのか」を確認しつつ、来年度につなげていきましょう。

2/28(月) 27日(日)にジュニアドクター(最終回)が行われました。

 ジュニアドクター(最終回)が行われました。「雨粒はどのような運動をしながら落下するのか」という課題に対して「力のはたらき」に着目しながら考えました。生徒は、空気抵抗・慣性の法則・重力などの知識をもとに悩みながらも必死で考え、答えを導き出していました。身の回りの現象には、細かい事柄が関わっているのだと知る良い機会になったのではないでしょうか。

2/25(金) 省エネとは~技術の授業から~

技術の授業では、ライントレースカーというセンサーに反応して進む車を作成する授業とグループ活動を通して、「省エネとは?」という疑問を解決する話し合いを行いました。

 来年は、作成したライントレースカーにプログラミングを施して更に進化をさせるようで、生徒たちもワクワクしながら、自分の作品をつくっていました。

省エネの話し合いでは、電気量販店にも記載されている省エネマークですが、そもそも「省エネ」とはどんなものなのかを白熱電球とLED電球の仕組みを解明することで、理解していく内容でした。

小グループに分かれ、「白熱電球とLED電球の明るさ」「白熱電球とLED 電球の電圧と運動」「電気と運動と伝達」の3つのグループで実験考察したものを、さらに別のグループに分かれ話し合いを行い、各自がそれぞれの解答をつくり発表しました。

情報化社会の中で、電気エネルギーは様々な場面で活用されていて、環境問題との観点から省エネが推奨されています。

学んだことをそのままにするのではなく、生活の中でいかに活用していくかも、この授業を通し、今後考察してほしいです。

2/24(木) 2月18日(金)は附属中『美術の日』 

2月18日(金) は『美術の日』と題して、1日芸術に触れる日となりました。

学年共同制作として、一つの芸術作品を80分割して完成させました。

点描といって、綿棒に絵の具の3原色(赤・青・黄)のみを使用し、点で絵を描き色や水を上手に使い絵を完成させ、隣とつながるように話し合いながら作成しました。

それぞれ一人一人の個性が表れながらも、一つの絵を完成させたときの達成感と1人で一つの絵を完成させるものとは一味違った絵に誰もが歓声を上げていました。

当日欠席者もいたため、完全に完成した際は、また更新したいと考えています。お楽しみに♪

その他にも、埼玉県立近代美術館を見学する予定でしたが、新型コロナの影響で今回はオンラインで美術館とつなぎ、学芸員の方々と一緒に作品を鑑賞しました。

芸術作品の実物を生で見た時の心に響くものは様々な感性を引き出してくれます。

是非、このご時世が収まったら、鑑賞しに行ってほしいと思います。

座学だけでなく、1日芸術に触れるという取組は、多感な中学生にはとても良い刺激になりました。