生徒の声 (広報委員会より)

06/19(月)【広報委員会】スコラ手帳の活用~生徒にインタビュー~

じめじめとした湿気と暑さが目立つ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。附属中では、合羽を着て登校する生徒や、バスで登校する生徒が多くみられます。先日の土砂降りのように気候の変化に悩まされますが、柔軟に対応して生活していきましょう。 
 

今回は、附属中生のスコラ手帳の活用についてご紹介します。 
スコラ手帳とは、附属中生全員に配布されていて、主に附属中生が自身の生活を予定して、自己管理をするためのものです。スコラ手帳の使い方やまとめ方は生徒それぞれで、一人一人の手帳に個性が出ています。この手帳をうまく利用することで、時間の管理がうまくなり、先を見通して行動ができるようになったり、常に持ち歩くことですぐにメモをして何か大切なことを忘れないようになったりします。 
 

 

そんなスコラ手帳の使い方について、それぞれの学年の中でインタビューを行ってみました。 

~インタビューの様子~ 
一年生 
Q:一日に何回手帳を開きますか? 
Iさん:大体一日に五回ですね。 
Q:手帳には何を書いていますか? 
Iさん:一日に起きたこと、思ったこと、楽しかったことや嫌だったことについて日記みたいに書いたりしていますね。 
Q:スコラ手帳があってよかったなと思ったときはどんな時ですか? 
Iさん:自分の生活リズムを把握できて過ごしやすくなりました。 
                    ~Iさん、ご協力ありがとうございました~ 

 

二年生 
Q:一日に何回手帳を開きますか? 
Oさん:え~っと、朝と夜に一回で…え、どんくらい? 
Sさん:毎時間とかじゃない? 
Oさん:十回くらいかな~ 
Q:手帳には何を書いていますか? 
Oさん:授業内容、宿題、提出物と~、そのくらい? 
Iさん:あと起床時間と就寝時間だね 
Q:スコラ手帳があってよかったなと思ったときはどんな時ですか? 
Oさん:前にFノートっていうのがあったんですけど、それは一日一日の予定しか書けなかったので、一日先の予定とかが手帳にまとめられるようになってよかったなーって思います。 
Iさん:あと私は提出物忘れることあったんですけど授業の度に手帳開いてメモしていたら結構忘れ物減りましたね。 
                ~Oさん、Iさん、ご協力ありがとうございました~ 

 

三年生 

Q:一日に何回手帳を開きますか? 
Aさん:あんま数えないんですけど十回以上は開いてますね~ 
Q:手帳には何を書いていますか? 
Aさん:その日の予定と教科の内容と、チェックボックスを利用して持ち物確認とか、テストの予定と課題と日記あたりですかね 
Q:スコラ手帳があってよかったなと思ったときはどんな時ですか? 
Oさん:LINEで友達に聞かなくても予定がわかることとかですね~。あ、あと自分が何時に起きて何時に寝るのかが一目でわかって、自分の生活リズムを知れて自己管理がしやすくなりましたね~ 
                    ~Aさん、ご協力ありがとうございました~ 
 
このように、附属中生は生活の中でかなり頻繁にスコラ手帳を使用していることがよくわかりました。また、学年が上がるごとに手帳を開く回数が増え、内容も様々な種類があり、扱い方がうまくなっていくことにも気づくことができました。 
 
今回は附属中生のスコラ手帳の利用についてご紹介しました。 
皆様、より附属中生の生活に興味を持っていただけたでしょうか?私たち附属中生はこれからもこのスコラ手帳を最大限活用し、日々の生活に役立てていきたいです。 

 

広報委員 H

06/12(月)【広報委員会】日本の文化・歴史に触れる~家庭科の授業より~

耳を傾ければ少しずつ蝉の声が聞こえるような季節となり、校内ではポロシャツやワイシャツといった軽装が目立ってきました。また、気温も毎日のように夏日、真夏日を記録し、雨の日も増えてきています。気圧の変化や、熱中症にお気をつけて皆様健康にお過ごしください。 

ところで、突然ですが皆さんは夏祭りにはどのような服装で行っていますか?普段着が多いと思いますが、中には浴衣やじんべいといった和服の類もあるでしょう。現在着られている形の和服は、遡ること約1200年前の平安時代が始まりとされています。今では日本の民族衣装として数えられています。そんな和服ですが、皆さんは着たことはありますか? 

附属中では先日、家庭科の授業にて何人かの生徒が浴衣を着る機会がありました。 

家庭科の先生が浴衣をもってきてくださっていたので、「日本の文化・歴史について触れる」という目的でお借りして、着用していました。その授業が行われた後の休み時間では、同学年はもちろん、一年生の何人かも教室の周りに集まって盛り上がっていました。 

自国の文化に触れる。これは生きるうえで欠かせないものだと私は考えています。この記事を見て、少しでも自国の文化や歴史に目を向けて、民族衣装を着てみたり郷土料理を食べてみたりしてみてはいかがでしょうか。 

 

それでは、良い夏をお過ごしください! 

 

広報委員 K

06/08(木)【広報委員会】フィールドワーク~グリーンセンタ~報告

梅雨入りの季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

先週は台風の影響もあり、ひざ下までつかる土砂降りとなりました。雨続きで気持ちも重くなる時期ですが、だからこそ、体調に気を付けて元気に登校しましょう。

 

本日、3期生のサイエンスフィールドワークが行われました。

目的地であるグリーンセンターへは徒歩でむかいます。暑い中の移動で、辛い場面もありましたが、友達と励まし合いながら、歩き切りました!

 

目的地に着いた後、グリーンセンターで昼食をとりました。自然に囲まれた中で食べるお弁当は、いつもとはまた違ったおいしさがあります。

 

そのあとは、グリーンセンター内を散策しました。フィールドワーク後、班ごとにグリーンセンターの生き物について調べ、交流する授業があります。それに向けて皆一生懸命に調べていました。

私の班では、「植物と動物の関わり」をテーマに調べます。

虫媒花であるヒャクニチソウのそばにはアオスジアゲハが舞っていました。

 

他にも様々な植物と動物の関わりを実際に見て勉強でき、とても良い機会となりました。

 

今回のフィールドワークについて

1組「今までもグリーンセンターには行ったことがあったが、学習の観点からグリーンセンターを見たのは初めてだった。新しい観点だからこその楽しさがあった。」

2組「初めて見た植物や昆虫が、たくさんいた。実際に行ってみないと分からないような新たな発見がたくさんあった。」

3組「わからない事があり聞いたら、観光客の人が優しく教えてくれた。自然も人の優しさもあふれている場所だなと感じた。」

3期生2度目の校外行事は、大成功でした!

このような機会を大切にし、これからも勉強への興味を深めていきたいです。

広報委員 K

05/30(火)【広報委員会】生徒会の活動

暑くなったり、寒くなったり、雨が続いたりと、季節の変わり目で天気が安定しない日が続いています。新年度が始まってから二か月が経ち、3期生は中学校生活に、1・2期生は新しいクラスや委員会、部活などに慣れてきたころです。今回は、各委員会と、生徒会の活動を紹介していこうと思います。 

 

生徒会 
生徒会は、附属中生全員が所属しているもので、その意見をまとめ、先生方との仲介役を務めているのが生徒会本部です。生徒会本部には、生徒会会長(1人)、生徒会副会長 (1人) 生徒会総務(5人)の合計7人がいます。緑・赤の羽根募金、生徒集会、いじめに関する取組、その他にも研修会や新入生歓迎会といった行事の運営も行っています。また、毎月各委員会の活動の振り返りを行う生徒議会でのまとめ役もしています。 
生徒会の活動の様子 
  


 
委員会 
まず、委員会にはHR委員会、体育委員会、広報委員会、学習推進委員会、生活委員会、環境整備委員会、保健委員会の7つがあります。各委員会は、それぞれ学校を良いものにするためにイベントやキャンペーンを企画したり、行事のサポートをしたりしています。 
HR委員会‥・様々な場面でクラスをまとめるだけでなく、学習計画表を作成、学校が行うイベント(行事)の準備・運営をしています。HR委員会は、それぞれの学年に向けた活動を行っていて、生徒を広くサポートしています。 
体育委員会…体育の授業のサポート、長期休み中の運動の呼びかけ(ワークシート作成など)、スポーツフェスティバル・強歩大会の準備運営 
広報委員会…文化祭の有志・体育祭・スポーツフェスティバルの音響担当、生徒・全校集会の準備、そしてこうしたHPの更新などをしています。校内にも情報を発信するために昼の放送も行っていきます。 
学習推進委員会…学習の仕方やおすすめの文具などを附属王新聞という新聞で紹介をしたり、洋書の貸し出し、自習室の管理、テスト期間の学習会(昼休み)などを行ったり、附属中生の学習の手助けをしています。 
生活委員会…挨拶運動や身だしなみチェック、制服移行期間の呼びかけを行っていて、学校生活の雰囲気を良くしてくれています。 
保健委員会…歯磨きの呼びかけや+oneプロジェクト、学校保健委員会の準備・運営、体育祭やスポーツフェスティバルの時の救護といった生徒の健康を守る活動をしています。 
環境整備委員会…エコライフDAY、附属エコライフWEEK、ロッカーの整備の呼びかけを行っていて、清掃点検やモップ回収(業者の方に掃除してもらう)、ゴミ0週間(掃除の時間を延ばす週)を作るなど、学校の生活環境を整える活動をしています。 
 
今回は、完成した附属中学校を作っていく委員会や生徒会を紹介させていただきました。しかし、これからある様々な行事、学校生活をより良いものにしていくのは附属中生全員です。よき学校生活を送っていけるよう附属中生一同、励んできます! 

 

 

広報委員 H

05/09(火)【広報委員会】完成した附属中

新緑のまばゆい季節となり、新年度を迎えて三学年ともに、落ち着いてきました。寒暖差も激しくなってきている時期ですので、皆様健康にお気を付けください。

今回の記事は、「完成した附属中」というテーマです。

 

令和五年度

この年度は記念すべき、「附属中完成年度」なのです。附属中に三学年総勢240名が在籍することによって附属中は完成されました。一期生はフェーズ2に移行し、高校生の授業内容に入り、二期生は初の後輩に緊張しながらも附属中を引っ張って行く覚悟を決め、三期生は附属中という新天地に足を踏み入れました。

僕自身、進級したときは僕たちが中核になるという実感があまりありませんでしたが、3期生の入学式で、一気に湧き上がってきました。

はじめは青一色だったジャージに赤が混ざり、そしてついに緑も混ざり始めました。そういった附属中の光景や、4/13に行われた新入生歓迎会、4/18から始まった仮入部等、完成した附属中を肌で感じる場面がいくつかありました。

僕が最初に附属中の完成を感じたのは、入学式の翌日、緑色のジャージを着た三期生が歩いていたのを見かけたときです。丁度一年前も一期生はこのような気持ちだったのかなと、感慨深いものがありました。

遂に完成した附属中。けれど、まだ内装が完成していません。内装の完成は、私たちがよき学習者の完成像となっていることや、240人全員が、それぞれ個性ある色とりどりの花を咲かせることだと思います。一人一人の行動が附属中を作っていきます。生活面だけでなく、行事の面でも今までより良いものにするためには、附属中生だけでなく、先生や保護者の皆様の協力も必要不可欠です。

 

それでは、良き学校生活をお送りください!

 

              

広報委員2年 K

05/08(月)【広報委員会】仮入部が終わり、いよいよ明日本入部!!

新学年が始まり早一か月…そろそろ一年生も附属中の生活に慣れてきた様子で、休み時間ではリラックスしている様子が伺えます。そんな中、3学年そろっての部活動がいよいよスタートします!それに先立ち、一週間ほどの仮入部期間がありました!最初は初めての部活に少し緊張気味でしたが、徐々に慣れてきて、部活に一生懸命励んでいました。 
さて、ここからは数ある部活の中から厳選して1年生・2,3年生の感想をお届けします! 
 
【ベースボール部】 
ベースボール部では、バッティングやキャッチボールなどを行いました 
 
1年生:初めて野球をやったけれど、先輩たちの教え方が良くて、上手にできた! 
2,3年生:いつも少ない人数でやっていたが、この期間は人数がとても多かったので楽しかった。ぜひたくさんの人が入ってほしい。 
 
ベースボール部はとても少ない人数なので、たくさんの人が入ってくれるといいですね! 
 
【ソフトテニス部】 
ソフトテニス部では、玉出し・玉突きラリー・玉突きリレーなどボールを使った練習を行いました 
 
1年生:きれいなコートで先輩たちが優しく教えてくれた。 
2・3年生:挨拶・返事、先輩からの指示など、頑張ってほしいですね。 
 
1年生の楽しい意見の一方、1年生への指摘の意見もありました… 今年度人気の部活です。2・3年生は先輩として、かっこいい背中を見せてほしいです! 
 
【文化競技部】 
モルック・坊主めくり・将棋・詰将棋などを行いました 
 
1年生:文化競技部のT先輩は、モルックがプロ級に上手で凄かった。 
2・3年生:一年生の対処に戸惑ったが、2年生のおかげで良いものとなった。

 
2年生はだんだんと先輩としての自覚が出てきているようです! 
1年生は中学生としての自覚、2年生は先輩としての自覚、3年生は附属中最高学年としての自覚をそれぞれ感じられた期間だったのではないかと思います! 

 

広報委員 N

03/24(金) 【広報委員会】1年間のまとめ~3期生へ~

そろそろ桜の花びらが舞う季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 
今回はご入学する、新一年生に向けて附属中の学校行事についてお話していきたいと思います。 
附属中では、文化祭、中高合同体育祭、強歩大会、音楽祭、スポーツフェスティバルの主な5つの学校行事が催されています。 附属中生の二期生(現一年生)はどの学校行事が一番楽しいと感じたのでしょうか? 

 


学校行事はすべて楽しかったので、優劣はつけがたいかもしれませんが、ランキング形式でお伝えします! 

 


それでは、第5位からの発表です。 第5位は……音楽祭でした! 
その理由としては、 
1組Nさん 
「みんなで一丸となって取り組むことができる行事だと思ったから。また、ほかのクラスの合唱を聞いて感動したし、自分のクラスの絆も深まったと思ったから。」 
3組Mさん 
「達成感がとても味わえる。クラスでの絆が深まる。協力することの大切さを教えてくれる。」 
とのことです! 


続きまして、第4位の発表です。 第4位は……体育祭でした! 
その理由としては、 
1組Iさん 
「体育祭は高校生と一緒に行うのでとても盛り上がり、団での活動も最初のほうなので絆が深まるいい行事だと思ったからです。」 
2組Oさん 
「普段一緒にいることの少ない高校生と楽しめる機会です。運動が苦手でも活躍できる種目も多くて楽しいです。」 
とのことです! 


そして、表彰台!第3位の発表です。 第3位は……スポーツフェスティバルでした! 
その理由としては、 
2組Nさん 
「先輩たちとより仲を深めることができました。自分の得意分野を活かし、協力することのほんとうの楽しさを知ることができました!」 
3組Oさん 
「クラスや団などで、対抗するのがよかった。また種目も多様性がありよかった。」 
とのことです! 


残るは文化祭と強歩大会。僕からすると、どちらが1位をとってもおかしくないですね。 

 


それでは、第2位の発表です。第2位は……文化祭でした! 
その理由としては、 
3組Tさん 
「有志やクラス企画などで附属中生の個性が感じられる行事の1つ。いつもと違う雰囲気の学校がすごく楽しかった‼」 
1組Kさん 
「普通の中学校ではできない行事で、生徒がメインで作り上げるので達成感を感じることができたり、仲を深めることもできたりする楽しい行事だから。」 
とのことです! 

 

そして輝かしい第1位は、強歩大会です!! 
その理由としては、 
1組Yさん 
「皆で歩き切ったことによる達成感が良かった。また、つらいことがあってもみんなで頑張りきれる。」 
2組Tさん 
「団の中がより深まること。協力することの大切さを知れるから。長距離を歩いた、という達成感が今後の自分の自己肯定感を向上させることにもつながるから。」 
3組Sさん 
「長距離を歩くのは大変だったけど、団の人と励ましの声を掛け合って目標を達成できたのは嬉しかったし、仲が深まって楽しかった。」 
とのことです! 


やはり一位の強歩大会はとても楽しかったですからね。それでも、他の行事も負けず劣らずです。 附属中生はこれら5つ以外にも2年生になれば研修旅行など、特別な行事が多くあります。 
是非、楽しみにしていてください!それでは、よき学校生活を! 皆さんのご入学をお待ちしています!!

 

広報委員 K

03/06(月) 【広報委員会】附属中スポーツフェスティバル開催!

本日はここ、川口市立高等学校附属中学校で、第2回のスポーツフェスティバルが盛大に開催された。このスポーツフェスティバルは、生徒たちが団ごとに競技を行い、優勝を争うフェスであり、附属中生たちはみんなで協力・団結し参加した。

今年のスポーツフェスティバルは、2期生の入学によって、昨年より多くの生徒たちが参加し、様々な種目を戦った。生徒たちはこの大会に向けて、短い時間だったが、一生懸命準備をし、団結力を高めながら競技に臨んだ。

競技は、「8の字跳び選手権(8の字跳び)」、「先生に届け、愛のボール(バレーボール)」、「バスケットマンに俺はなる(バスケットボール)」、「SHOW TIME!(ベースボール)」、「高校生®クイズレース(クイズレース)」、「跳んで跳んで跳びまくれ(大縄跳び)」、「ダンスフェスティバル(ダンス)」と多岐に渡り、各団が激しく競い合った。特に、ダンスフェスティバルでは、生徒たちが自分たちで考え、一生懸命練習してきた振り付けを披露し、会場を沸かせた。

優勝は、団の協力が深かった白団が勝ち取った。白団は、「8の字跳び選手権」、「先生に届け、愛のボール」、「跳んで跳んで跳びまくれ」などの各競技で優秀な成績を修め、最終的にはトータルポイントで他の団を引き離し、見事優勝を果たした。またダンス部門では、みんながそれぞれ頑張り、団結し、圧倒的なパフォーマンスをみせてくれた黄団が、見事優勝を飾った。

生徒たちは、このスポーツフェスティバルに向けて団結力を高め、競技に取り組むことで、多くの友情や思い出が生まれたに違いない。このようなイベントを通じて、生徒たちが協力し合い、自分たちの力を発揮することは学校生活において非常に重要なことであり、今後の成長に繋がることだろう。

次回のスポーツフェスティバルも、3期生を含めたみんなの素晴らしいパフォーマンスに期待したい。川口市立高等学校附属中学校の生徒たちは、今回のスポーツフェスティバルにおいて、自分たちの力を存分に発揮し、多くの友情や思い出を作ることができた。今後も生徒たちは団結力を高めながら、たくさんの行事に挑戦し、自分たちの力や学校全体の力を磨いていってほしい。

また、このスポーツフェスティバルは、生徒たちだけでなく、先生方や保護者の方々も大きな盛り上がりを見せた。会場では、激しい競技が繰り広げられる一方で、声を上げての応援は難しかったが、たくさんの人たちの応援の気持ちは生徒全員に伝わった。

学校のスポーツフェスティバルは、私たちにとって、学校生活の中での大切なイベントのひとつである。このようなイベントを通じて、私たちは、自分たちの可能性を広げ、友情や思い出を育み、学校生活を充実させることができている。今回のスポーツフェスティバルは、すべての生徒が楽しむことができた、とても良いフェスだった。

広報委員 K

     

 

 

02/20(月) 【広報委員会】学年末テストまであと少し!!

附属中ではもうすぐ学年末テストがあります。附属中の皆さんはどのように過ごしているでしょうか?もちろん、必死に勉強していることでしょう。

しかし、どう勉強すればいいかわからない人、いませんか?そこで、今回は実際に附属中生にアンケートで聞いた、おすすめの勉強法をピックアップして、皆さんにご紹介します! 
 
 
その一 ワークを二周するべし! 
 アンケートで多かった回答の一つである「ワーク二周」。これをやることで、一回目ではできなかったところでも、二回目でしっかりおさらいができます!しかし、二周となると他の勉強もあるので、相当な時間が必要です。なので、「一回目で間違えたところのみをピックアップしてもう一度やる」という人もいました。一回でも時間がかかるのに、二回となると1~2週間前のうちに取り組むのは至難の業です。「中には二回だけでは足りない」と何回もやる人もいるようです…さすが附属中生…。もし、時間がない時には、「一回目で間違えたところのみをピックアップしてもう一度やる」の方が効率的かなと思います。できれば、全て二回以上やったほうがいいですけどね!とにかく繰り返すことが大切です!! 


 
 
その二 時間・やることを明確にすべし! 
 「時間を決めて、できる限り他の事をしない」や「やることの詳細を書き出す」など、計画的にやる人が多いようです。計画を立てることで「あと少しで達成できるから頑張ろう」「こんなに頑張れた!明日はもっとやろう!」と達成感が出て、やる気が増します! 一方で達成できそうにない計画を立てて、やっぱり達成できなくて、やる気をなくすということもあります。自分もその一人なので…。できる目標をしっかり見極めることも大切です! 附属中では、各自がテスト前の計画表を作成しています。(来年、手帳に変わるうわさもあります。)
 

 
 
その三 暗記物はひたすら書く・見るべし! 
 漢字や英単語などは暗記しないといけないので、中々大変ですよね…。時間もかかるし、少し面倒だし…。でもとにかくやるしかない!書いて、見て、書いて、見てひたすらやりましょう!見るだけでは覚えられないので、書くことも大切です!あとは、聞いたり、発音したりもおすすめです。ちなみに自分は、英単語帳を使って、国語の暗記物をやっています!英語だけでなく、国語などにも使えて便利なので、ぜひ買ってみては…? 
 

 


どうでしたか?他校の中学生や、小学生方々、これから入ってくる3期生にも役に立つ情報になっているでしょうか!? 


学年末テストは、学年の最後のテストです。いままで悔しい思いをした人がたくさんいると思います。その思いをこの学年末テストで存分にぶつけてください!

そのためには、生ぬるい努力ではだめです!朝の時間や休み時間を効率よく使って、勉強している附属中生もいます。やるなら本気で取り組んでみてください!めざせ、全教科満点!! 

 

記事:広報委員会 N
 

02/13(月) 【広報委員会】企業訪問レポート

 2月8日、9日、10日の三日にかけて、一期生は企業訪問がありました。附属中では、川口市内だけでなく、市や県の境を超えて、企業に訪問をしました。

 主に鉄道を使っての移動だったので、時間の管理や、下調べの重要さなど、社会人に大切なことを学びました。また、いろいろな企業や、それに関連する施設を訪れ、自分たちで選んだ企業が社会のどういうところで役に立っているのかを知ることができました。挨拶や、お礼など、働くうえで大切なことも学ぶことができました。

 一か月後には、すべてのグループの発表会があるので、自分が訪問していない企業がどんなことをしているのか知るのが楽しみです。

 

記事:広報委員 N

 

※今後、不定期で広報委員の記事(生徒目線の記事)をアップしていきます。