2期生ー1年生

2期生ー1年生

11/25(金) 【1学年】探究活動~INTERN最終回~

いよいよINTERN最終回です。

企業ごとに4つのグループに分かれ、それぞれが4つの教室へ。前回グループで作成したまとめたパワーポイントを使って各企業の特色の紹介やアンケート結果から導いた気づきや改善点を発表しました。(SDGsとの関連も含めて)

各教科で学んでいる(国語科では発表の目線や表情などのポイント、理科では発表の資料の作り方やまとめ方など)発表やプレゼンテーションのスキルが高まっていることを実感しました。

今回のINTERNは、クラスを超えてグループを組み、様々な感性と交流・協力して行う協働的な学びとなりました。今後は、INTERNで学んだことを、他の場面で活かせるといいですね。

11/20(日) 【1学年】ゆめさぽ~ジュニアドクター育成塾~

昨日、全力で歌声を響かせた音楽祭が終わりました。行事が終わっても生徒は元気です。
本日は「ジュニアドクター育成塾」で「救急車が通り過ぎると、サイレンの音が変わるのはなぜか?」という課題を解決しました。

3人組となり課題解決のために活発に意見交換をすることができました。最後にそれぞれのグループで話し合った内容を発表しましたが、どのグループもサイレンの音が変わる理由を説明できました。
附属中学校ではこのように話し合いを通して自らの課題を解決する学びを大事にしています。これからも自分たちで調べ、話し合い、協力しながら成長を目指していきます。がんばれ、附属中生!

11/17(木) 【1学年】理科~たくさんの鉱物の観察~

今日は校舎4階にある、地学実験室で理科の授業を行いました。

中学理科室にある標本は15種類ですが、そこに加えて、地学実験室にある約300種類ほどある鉱物を間近で観察しました。(棚の中にはもっとたくさんあり、1時間では観察しきれません。)

手に取ってはいけないものもありますが、いつもはガラスの向こうにある標本を近い距離で見ることができて感動していました。

このように附属中では、時々、高校の施設を利用して学習・授業を行っています。

 

11/11(金) 【1学年】探究活動~INTERN③~

INTERNの取り組みの続きを行いました。集計したアンケート結果から「どんなことがわかるか」を分析しました。

「どんなことがわかるか」と聞くと漠然としているのですが、生徒たちは見つけたものやことが「私たちの生活や社会全体にどのような影響を与えているか?」「どんな価値を生み出しているか?」「どこで見かける?」「これからどうなる?」などの視点から分析を進めていました。

附属中は、全教科で対話的な学習活動が展開されており、この取り組みでは、身についたスキルを存分に発揮していました。

10/28(金) 【1学年】理科地学実習~長瀞フィールドワーク~

10/28(金)2期生は理科の授業として長瀞町に地学実習に行ってきました。本校はサイエンスフィールドワークとして、「本物を見て、本物に触れ、本物から学ぶ」ことを大切にしています。

まずは理科の授業で学習した知識をもとに、「世界の窓」と呼ばれる岩畳をめぐりました。

「埼玉県立自然の博物館」の学芸員の方を講師としてお招きし、長瀞のこと、岩畳のことなどをお話しいただきながらの散策。話の中には、マニアックなレベルの地質や動物の話もあり、大変興味深く、生徒たちも楽しみながら学習していました。

 

 

晴天にも恵まれ、良い学びの一日となりました。

10/25(火) 【1学年】社会科~川口市の産業・企業と労働~

1学年社会科の授業で、先週の川口市市産品フェア2022をふまえた学習を行いました。

学習課題は「社会の中で 企業はどのような価値を生み出し、労働にはどんな意義があるのか」です。

 

市産品フェアで説明していただいたこと、インタビューしたこと、ホームページに載っていたPR動画を基にグループで考察を進めました。

企業の活動や人々の労働によって社会が支えられていること、住みよい街がつくられていることに気づき、

川口市の産業が、想像をはるかに超えた幅広い分野にわたって、高度な技術で成り立っていることを知りました。

 

2期生は総合的な学習の時間の「インターン」で「働くこと」の意味を探求する学習を行っています。また道徳の授業でも勤労観や郷土愛について考えてきました。

 

附属中では、様々な教科等で横断的に学習を進め、多面的・多角的な見方を深めています。

10/24(月) 【1学年】強歩大会~ウォーキング協会講習会~

11月2日の強歩大会に向け、昨年度に引き続き埼玉県ウォーキング協会の方々にお越しいただき、ウォーキング講習会を開きました。

足がズレずマメができにくい靴の履き方、軽く感じるリュックの背負い方、安全で疲れを感じにくい歩き方、集団での励まし合いなど、お手本とともに解説をいただき、生徒も実践しました。

強歩大会が楽しみな反面、18kmという長距離を歩くことに不安もあった2期生ですが、今回の講習を受け、不安が和らいだようでした。

ご協力いただきました埼玉県ウォーキング協会の方々、ありがとうございました。

10/21(金) 【1学年】社会科~川口市市産品フェアへ~

社会科の授業の一環で、お隣のSKIPシティで行われている川口市市産品フェアに行ってきました。

総合の授業ではINTERN、道徳の授業では郷土を愛する態度や働く意義について理解を深めているところである2期生ですが、今回は社会科の授業で地元企業の、鋳物、機械、木型、植木、医療、福祉、サービスなどの分野についての伝統と技術に培われた素晴らしい市産品を見て回りました。

興味のあるブースで話を聞いたり、インタビューしたりと、自分の住む街、川口について”知ろう”とする姿が見られました。

 

時間内で回れなかったブースもあったので、土日で「また来る」と友達と約束してる生徒もいました。

 

※丁寧なご説明や撮影・掲載にご協力いただきました、企業の皆様ありがとうございました。

10/18(火) 【1学年】探究活動~INTERN②~

昨日に引き続き、INTERNの取り組みを行いました。昨日のアンケート結果を紙とGIGAPCを使って集計しています。

同じ担当者と集計方法や効率よく行うことについて話し合い、作業を進めていました。

 

10/17(月) 【1学年】探求活動~クエストエデュケーション「INTERN」~

総合的な学習の時間では、「なぜ、人は働くのか?」について探求的に考える「INTERN(インターン)」を行っています。

まずは、クラス関係なく希望する企業ごとにわかれました。クラスを超えた新しい仲間との交流が生まれ、新鮮な気持ちで授業に臨むことができます。取り上げる企業は「テレビ東京」「パナソニックエナジー」「Yahoo!」「フォレストアドベンチャー」「カルビー」「大和ハウス」の6つです。(順不同)

そして、次はいよいよ初仕事。企業活動についてのアンケートを行いました。対象は高校生や先生方です。

高校生のフロアで、自分たちのほうからお願いできるかと心配していましたが、高校生の方から「何やっているの?」「頑張ってねー!」など温かい言葉をかけてもらう場面も多く見られ、ドキドキの初仕事は達成感に満ちたようです。また、高校生の優しさや人柄に触れることもできました。

 

大事な昼休み中の高校生の皆さん、テスト前で忙しそうだった先生方、ご協力ありがとうございました!

10/11(火) 【1学年】理科の先生になる!

理科の授業では、今月末に予定されている地学実習に向けての学習が始まっています。

 

まず、身近な地形を調べています。社会科の授業のようですが、理科なので、「なぜその地形ができるのか」「どうやって今の地形になったのか」「どんな作用が関係しているのか」など、科学的な説明がカギになります。

ペアを組んで、テーマを決め、GIGAPCを使って講義します。テーマをどう聞いている人に伝えるか、先生の立場にたって、工夫を凝らしていました。

先生の目線になってみると発見もあったようで、生徒それぞれが様々な視点で学べたようです。

(教師自身もハッと気づかされることもあり、生徒と先生相互にとって、よい学びの場となりました。)

月末の実習がより深い学びになるように、今後の授業も頑張っていきましょう。

   

以下生徒の振り返りより抜粋

・ 授業って面白いなと思いました。ペアワークで授業づくりは作成するのに時間はかかったけど最終的に分担、完成まで出来て良かった。ペアワークは面白かったので今後もやりたい。

・画面を文字ばっかりにすると、面白みがなくて聞いている人が飽きてしまうので1ページに1枚は入れるようにしました。でも、文字を入れなければいけないので難しかったです。またスライドばっかり読んでしまったので次は自分の言葉でいえるようにしたいです。

・活断層については十分詳しくなった気がする。ほかの班の内容についても、ちゃんと覚えられたんじゃないかと思う。教えたほうは自分でも理解が深まるし、教えられたほうも友達と学べるからいいいと思う。授業をやってみて、授業用のスライドを作るのは大変だと思った。先生はどのくらいの時間で作っているのかな、と思った。

・2人で授業の内容を作るのも大変でした。プレゼンテーションと原稿を時間内に授業することが難しかったですが、特にわかりやすく伝えるための工夫を心掛けるようにしました。話の基本的な部分や内容に関する応用的な部分を発表ではなく授業という観点で作りました。ほかの班の人も雰囲気づくりで盛り上げてくれたり、個人の感想ですが、センスのある授業を聞けて面白かったです。ほぼすべての班の授業に興味を持ちました。

・まず、この授業をやってみて発表資料の作成から発表まで全てペアワークでやったのがとても新鮮で楽しかった。そんな中でも大変だったのが、スライド作りと難しい言葉をわかりやすく説明するということです。スライドは、文章をたくさんかくのではなく、単語でかいてぱっとみてわかりやすいようにしました。難しい言葉は今までに習った言葉に置き換えるなど、工夫できたのでよかったと思います。また、話す際の視線などにも気を付けられたので、とてもいい経験になりました。

・どうすればみんなに興味を持ってもらえる授業ができるのか、よい雰囲気にするためにどんな工夫をすればよいのか考えるのが大変だった。これを毎回考える先生は本当にすごいと思った。

・授業をやってみて、時間を意識しながらやることの大変さを知りました。みんなにどの知識を伝えたいかな、みんながわかりやすいと思うにはどう説明したらいいかなと二人で話し合うのが凄く楽しかったです!二人だからこそできた授業だなと思いました。今回は活断層についてやったけど、改めて地球の大きさに驚きました。すごく楽しかったです。

 

 

 

9/26(月) 【1学年】保健~オクリンクの活用~

1学年3クラス合同で保健の学習を行いました。

タブレットPCでミライシードの【オクリンク】を用い、班ごとに協働学習を行いました。

 

クラスの代表の班が、大ホールのスクリーンに映して発表しました。

思春期の発育・発達についてと、呼吸器・循環器について主体的に学びました。

本日、大会に出場した生徒も、【オクリンク】を見直すことで学習することができます。

9/14(水) 【1学年】ゆめさぽ~理科で科学館へ~

今日は附属中のお隣にあるSKIPシティ内、川口市立科学館へ行って授業を受けました。いつもとは違う場所で違う先生(科学館の先生方)の講義を受け、大変刺激になったようです。

テーマは「状態変化」既習の内容の復習と発展的な内容でした。科学実験ショーが中心でしたが、予想を裏切られる結果を見たり、近くで体験したりすることで、「状態変化」の知識がさらに深まりました。

(授業で習ったことを実際に見ることで、知識が頭の中でひとつになっていく様子がうかがえました。)

 生徒はとても楽しそうに授業を受けていました。

 

 
   
   
   
   
   

 

川口市立科学館の皆様、ありがとうございました。

7/22(金) 【1年生】English Summer Camp Jr. GRADE 1 DAY 2

今日は、English Summer Camp Jr.の2日目です。Global Activity Anywhere Doorでは、レストランや病院、薬局、旅行代理店など、様々なシチュエーションでの会話を実践しながら学びました。店員さん役になったときは、お客さんにおすすめの料理やおみやげ等を伝えたり、お客さん役になったときは、自分の好みや困っていること等を伝えたりするなど、苦戦しながらも楽しく実践的な英語を学ぶことができましたね。このCampを通して、みなさんが”もっと上手に英語を話せるようになりたい!”と思ってくれたらうれしいです!

   
   
   
   

7/21(木) 【1年生】English Summer Camp Jr. GRADE 1 DAY 1

今日から、中学1年生を対象としたEnglish Summer Camp Jr が始まりました。CIRの先生方とともに、Have Fun, Speak English, Keep Smiling and Be Active!をスローガンに、2日間の英語漬け学習の始まりです!最初は緊張気味の表情もだんだんとほぐれ、笑顔で楽しむ様子が見られるようになりました。普段の英語の授業で培った英語力を十分に発揮し、充実した2日間にしましょう!

7/12(火) 【1年生】理科フィールドワーク

7月11日(月)晴天の中、川口市立グリーンセンターに出かけました。

 

今回、生徒が取り組む課題は

「もう一度グリーンセンターに来たくなるようなプレゼンテーション(科学にかかわる内容で)」

を作ること。

 

タブレットPCをもって、グループごとにセンター内を自由に見学し、それぞれのグループが「何を学ぶか」を自分で決め、行動しました。

 

今後は、ミライシードというソフトを使って、写真や学んだことをグループごとにまとめ、発表会を行います。

6/29(水) 【1年生】総合~学校を日本一有名に!~

総合の時間に「SOCIAL CHANGE(ソーシャルチェンジ)」を行いました。

ソーシャルチェンジとは、「自ら課題を発見し、その解決を探究するアクティブ・ラーニング型プログラム」です。

今日は第1回目、「学校を日本で一番有名にする方法」をテーマに活動しました。

 

アイデアをだし、

グループで共有、話し合って、

アイデアを1つに絞ります。

 

その後、そのアイデアを企画にするために話し合いました。

   

 

今日はここまででしたが、この後、企画をまとめ、ポスターをつくり、

文化祭の時に展示する予定です。

 

課題探求において、話し合い・討論などの力が必要不可欠です。

これまでの各授業で行ってきた話し合い活動の成果がでており、生徒たちのコミュニケーション力の向上も見られました。

 

明日から期末テストです。

附属中2期生たちは、何事にも、頑張っている途中です!!

6/17(金) 【1年生】社会科の授業の様子

1学年の社会科の授業では、歴史的分野の学習において、日本列島で「広い範囲を従える王はどのように現れたのか」という課題を追求しました。

 

個人・グループ活動で、史料や当時を再現した絵などを読み取っています

     

  

読み取ったことを、教室のホワイトボードや、携帯型ホワイトボードを用いて共有・整理しています。

  

共有した情報を基に、課題に迫るための考察をしています。

 

時間をまたいだ際は、ホワイトボードの写真をとっておき、映写して書き加えました。

 

単元の大きな課題を追求するため、小さな課題を毎時間解き明かしながら学習を進めています。

6/15(水) 【1年生】聞き上手になれ!

本日の授業では、「聞き上手になる!」をテーマに演習を行いました。

 

まずは先生と代表生徒が聞き上手や聞き下手になって、ロールプレイ(役割演技)を行いました。

 

 

先生が演示する、ちょっと残念な聞き方のロールプレイを見た時には、ネガティブな印象を受け、

聞き上手なロールプレイでは、相手に対してポジティブな印象を受けたようです。

 

3つのポイント

①意識を集中し、②内容を理解し、③話を引き出す

を意識して、相手の立場に立って聞き上手になる練習をしました。

 

みんなが「聞き上手」になることで、よりよいコミュニケーションができ、よりよい人間関係を築けることを確認できたようです。

 

生徒の感想から(一部抜粋)

・自分以外の人が、とても聞くのが上手で、参考にしてみたいなぁと思った。相手の目に視線を合わせるのが苦手なのでそこを直したいと思った。

・聞き側の人が質問してきたり、うなずいてくれたりすると、話し側の人が話しててとても楽しい気持ちになりました。また、聞き手が上手だと、1つの話題からたくさんの話題に広がっていき、仲が良くなると思いました。

・人の話から、話しを引き出すことは、少し難しいと感じました。でも少しずつ訓練していけば、いつかはできるようになると思いました。人の話を聞き、観察すると、普段気づけないような新しいことを発見できました。